header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
海外へ進出して成果を上げる方法

日本での成長企業であっても海外進出は難しい

最近、日本の企業が海外に進出しては、失敗に終わる例をよく聞きます。
一方でごく一部ですが、成功している成長企業も見られますが違いは何でしょうか?
見渡せば、日本にも外国からの企業がきちんと定着して進出に成功しています。
つまり外国企業のほうが海外進出の仕方を心得ているように見えますが、
いったいなぜなのでしょうか?

一番大きな要因は、日本人の物作りへのこだわりです。
手先が器用な日本人は良いものを作れば売れると考えて品質にこだわってきました。
しかし、現在は製造技術の発達で沢山の良い商品が出回り、
商品に大きな違いはなくなっているため、
「現地でいかに好まれるか?」がカギになります。
つまり、現地の人々や市場をよく理解し、
適切なマーケティングを行い、現地の価値観で販売・展開していくシステムを作ることです。
その考えが視野に入っていない企業は失敗をします。
解決策は、現地に海外進出専門のスタッフをおくことです。
しかし自前で現地の事情に詳しい優秀なスタッフを用意するのは大変です。
そんな時は海外経験と顧問実績の豊富な経営コンサルタントに依頼すると良いでしょう。

海外で成長企業になるには顧問実績を持つ経営コンサルが一番便利

海外進出を目指している成長企業はどのような点に注意すればよいでしょうか。
第一に日本で成功してきた成功法則を捨てて、現地に合わせなければなりません。

日本的なやり方は日本の市場や日本人に当てはまるもので、根性論は日本人だから有効です。
日本で成功しても、それが世界に通じるとは限りません。
第二に高度な仕事は細分化して、現地の労働者でもできる作業レベルにすること。
外国は国によって教育レベルが違うことや労働する態度も日本とは異なることもあり
難しい仕事は細分化して働いてもらいやすくする必要があります。
第三にいきなり大都市に乗り出す企業が多いですが、
目先を変えて大都市よりも小さな都市からスタートすることです。
それによりダメージにならないほどの小さな失敗と小さな成功が実績となり現地での成功ノウハウが得られます。
これらはどこの国に対しても共通した海外での成長企業戦略です。
このように、経験豊富な経営コンサルタントなら
「現地で何をすればよいのか?」をきちんと理解しているために、
失敗の確率が少なくなります。
逆に『その国で成長企業になることを視野に入れて』コンサルタントしていくため、
効率的な指導が期待できます。