header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
日本企業のグローバル化により増加する訴訟リスク

海外を視野に入れるなら経営コンサルに相談

日本は工業によって成長してきた国だともいって良いでしょう。
1つの製品を開発するためには多くの時間とコストがかかっているはずで
工業技術やノウハウは日本の企業にとって大変大事なものです。
にもかかわらず発売開始してすぐに模倣品などが現れることもあります。
そのようなことが起こらないために法的な手段を講じることが必要です。

また、技術などを盗まれるだけでなく、逆に海外の企業から盗作したと訴訟を起こされることもあります。
海外で事業をすると、その国の法律が適用されます。
国によっては法律そのものがきちんと整備されていないこともあるので日本と同じようには行かないと考えておいた方が良いでしょう。

経営コンサルを利用するのはこのような点を改善できるからです。
その国の事情に精通した経営コンサルを利用することによって、
法律の違いによるトラブルを回避できます。
大企業なら社内に法律に関する部署があると思いますが、
成長企業ならそこまで充実していないでしょう。
しかし、海外で事業展開を希望している場合、成長企業でも訴訟リスクを考えながら、
経営コンサルを利用するのが必須ではないでしょうか。

海外での訴訟に備えるために

日本企業は法的な防御が甘いと言われることが多く、
日本企業をターゲットとした訴訟は世界中で行われています。
たとえばアメリカでは年間2,000件以上が、
日本企業に関する訴訟だと言われています。
特許や著作権、商標権、肖像権など知的財産と言われるようものが、
注目されるようになってきています。
製造業として成長企業が海外へ進出する場合、
製造物責任に関する訴訟もあります。
他にも各国の独占禁止法に関する調査に関してもリスクはあります。
金額も数百億円に上ることもあり、
莫大な借金を背負ってしまい途方に暮れてしまうこともあり得ます。
もし、解決したとしても時間がかかり過ぎて
その間に経営には大ダメージを食らってしまいかねません。
そのため、海外進出を目指しているなら、
早々に経営コンサルのサポートを視野に入れておきましょう。