header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
海外企業との契約におけるリーガルチェック

海外での契約とリーガルチェックについて

日本では契約を交わさずに取引を行うこともありますが、
これは互いに信頼関係があるからです。
お互いを信頼するというのが、日本の文化の一部だとも言えるでしょう。
しかし、これが海外でも通用するとは限りません。
成長企業なら海外展開を視野に入れていると思いますが、
その際には日本と同じように営業をしていると、
痛い目に合うこともありますから注意が必要です。

契約書がその法律の範囲で有効かどうか確認することを、
リーガルチェックと呼びます。
営業支援を行っている経営コンサルなどが、
リーガルチェックのサービスを提供していますから、
このようなサービスを利用するべきでしょう。

海外を視野に入れている成長企業ならリーガルチェックは必須です。
日本では考えられないようなトラブルが起こることもありますから、
海外を視野に入れている成長企業なら、
リーガルチェックにかかるコストも事業進出する前に想定しておかなければなりません。
また進出する前に経営コンサルに相談しておきましょう。
MBAを取得している経営コンサルなら色々な面で営業支援を行ってくれるケースが多く成長企業にとっては頼れる存在です。

トラブルを回避するためのコスト

MBAを持った人材を採用しておらず、経営コンサルも使っていないが
海外で事業展開し上手くいっている会社もあります。
最初から海外を目指している場合、
社長は取引する国の国民性や商習慣について多くを学ぶはずです。
しかし、実際に海外を相手に事業を行うとなると、
上手くいく会社は非常に少ないのが現状です。

海外に進出してから経験を積んでノウハウを構築していくこともできますが、
それには時間がかかります。
ビジネスのスピードは非常に速く、
時間をかけているとビジネスチャンスを失ってしまうこともあるでしょう。
このようなことにならないために、やはり経営コンサルを利用するのは良い方法ではないでしょうか。

経営コンサルを利用すればノウハウのない企業でも、
スムーズに事業展開していくことができます。
まだ規模の小さい成長企業にとって、
経営コンサルを利用するコストは負担になるかも知れませんが、
トラブルを回避するためのコストと考えれば安いものです。
トラブルが起こって海外での事業が立ちゆかなくなり、
先行投資が完全に無駄になってしまうことを考えれば、
ある程度のコストをかけるメリットは大きいでしょう。
ですから、海外を視野に入れた時点で、
経営コンサルを探すのは良い方法だと言えるでしょう。