header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
顧客管理は営業日報が出発点

営業日報は、営業支援の基本

営業日報とは、日々の営業報告書のことです。
しかし、営業マンや営業マネージャーが、ただの報告書だと思っていると、せっかくの記録も台無しです。
営業日報とは、誰が見ても今の状況がわかる『連絡書』であり、また、この先の目標設定となる『計画書』であることを意識しなければなりません。
そうした意味でも、営業日報は、会社・上司にとっても非常に重要な報告書となります。

営業日報の役割や目的

具体的に、営業日報の役割をみていきましょう。
まず営業マンが、企業の顧客のもとを訪ね、顧客の現場、職場でしか収集できない情報を自社に持ち帰る情報伝達ツール(報告書)です。 さらにこの報告書を上司や他の営業マンが見て、一目で顧客の状況が把握でき、担当者の現在の状況、問題点、機会を発見することができる連絡ツールでもあります。 さらに報告や連絡のみならず、この先の方向性や次の行動や課題を書き込むことで、計画を立てていくことが出来ます。
こうした営業日報であれば、上司-部下、誰でもがこの記述をみて、筋道をたてて話合うことができ、また指示やアドバイスももらいやすくなります。 また、担当者の精神状態も見ることが出来るので、健全な状態で営業活動に臨めるようにアドバイスすることもできるツールにもなるのです。 最近ではITを活用して部下と上司の間だけでなく、スタッフ間でも日報をシュアすることができるようになっています。
また、パソコンからだけではなく、スマホなどからも営業日報のデータ入力ができるものもあります。