header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
海外進出の理由

海外進出がなされている理由について

多くの企業が海外進出をしていますが、何故なのでしょうか?
多くの理由がありますが、やはり日本国内だけでは市場が小さすぎるという点が大きいでしょう。
さらに日本はかなり成熟している状態なので伸びる余地というのが、
開発途上国に比べて少なく、ビジネスチャンスも少ないとされています。
例えばインドネシアだと人口2.5億人ほどいて市場も大きいですし、
今まさに伸びている国ですので様々なサービスや商品の需要がかなりあるでしょう。
市場が大きいところで戦うというのはリスクもありますが、リターンも期待できます。
その他の理由は、コストの問題です。
同じ製品を作る場合、日本で作る場合と人件費の安い国で作る場合、かなりコストが変わってきます。
関税や送料など様々な費用も必要ですが、それを含めても海外の方が魅力だということもあります。
ただ中国のように人件費が上昇することもあるので、人件費が安い国だからと言って安心はできません。
他には、グローバル化することによって、より優秀な人材を確保することが可能になるでしょう。
また何か資金を投資してもらう際にも、
海外展開している場合は、国内に専念しているよりも有利に働くかもしれません。

海外進出する理由はたくさんある

上記以外にも、自社の箔付けのために行っているケースもあるそうです。
確かに今の時代、海外進出しているのと、していないのとでは、見栄えも大きく変わります。
こういった例が実際にありますが、明確な目的や理由がない場合は、危険な行為となるかもしれません。
そしていま日本では飽和状態のサービスも、
海外では供給が足りていないケースが多々あります。
単純な考えですがそういったサービスや商品をその国で提供すると、
かなりの売り上げが期待できるでしょう。
このような考えの元、海外進出を目指している企業があるのです。
企業が生き残っていくためには、今の時代は日本以外にも目を向けなくてはいけません。
海外に進出するかどうかは別にして、しっかりと考慮してみる必要はあるでしょう。
海外に進出したからこそ大成功をおさめた企業もあるでしょうし、逆の例もあります。
周りに流されるのではなく、自分達の会社のことはしっかりと考えましょう。
ただ今後は今以上にグローバル化が進むことは間違いないでしょう。