header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
海外進出の目的と必要性

海外進出する理由と目的を考えることが重要

大企業のみならず様々な企業が海外進出を果たしていて、現地に工場や支社を構えています。
現地法人を作っている例もあり、海外でビジネスを行う動きが加速しています。
こういう流れに乗ってわが社も海外進出するんだ!と意気込んでいる経営者の方もいるでしょう。
ですがこれに関してはじっくりと考えたうえで答えを出すべきです。
まず莫大なお金が必要になるでしょうし、場合によっては大赤字になるリスクもあります。
例えば中国の場合だと、ニュースでも取り上げられていますが、
反日感情があるせいで様々なリスクがあるでしょう。
中国以外でもしっかり考えるべきでして、
本当に国内でなく海外でないといけないのかを考えてください。
多少人件費が安いからといって海外に進出すると、痛い目を見ることもあります。
しっかりとリスクマネジメントをすべきでしょう。
海外に進出する目的を明確にするのは当然のことですが、様々な角度からしっかりと見極めましょう。
そして懸念されることとしては、資金的な面や社内の役員たちの意見でしょう。
また海外進出するのなら、当然その国に詳しくなくてはいけません。
社会情勢や法律、税制面など、あらゆることを確認しておきましょう。

海外進出前にやるべきことはたくさんある

社内の合意を得るのはもちろんのこと、資金の確保や現地で働く人材の確保など、
やるべきことはたくさんあります。
そういったことも大事ですがまずは、進出に当たり計画書を作る必要があります。
そこには目的や具体的な理由、必要な資金、メリット、デメリットなど、
あらゆる事柄を記す必要があります。
そういったことを洗い出したうえで真剣に必要性について考えるべきであり、
ワンマン経営者の一存で決めるべきではありません。
あらかじめ様々な調査をしますが、日本国内でも、さらにはもちろん現地でも行います。
ただこういった調査には限界もありますし、慣れていない企業だと行き詰ってしまうでしょう。
そういう際には専門に調査をしてくれる企業に依頼してみるのも良いでしょう。
調査すべきことはとても多く大変ですが、重要なのは目的を達成できるかどうかです。
目的があるからこそ海外進出するので、当然進出先でこれが叶えられないようでは意味がありません。
必要性があるかどうかも吟味したいところです。