header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
Column 【コラム】

● ダウンサイジングによる経営効率化

● ダウンサイジングによる経営効率化 ダウンサイジングとは小さくつくり変えるという意味で経営やIT分野の専門用語です。
会社組織を見直して利益の出ない部門を売却・縮小したり、肥大化した部署を統廃合し、
重複した役割の従業員を解雇(リストラ)するなど将来性のない事業にかけていたお金を
力をいれたい事業に投資し、経営を効率化できます。
ダウンサイジングはシステム上においても重要でシステムを見直すことで、
余計な処理は取り除き、コンパクトな機器に乗りかえるなど小規模化を行います。
これらダウンサイジングを事業再構築に取りいれることでコストを削減し、
従業員一人当たりの稼ぎを増やし、経営の合理化を目指す中小企業は増加しています。

● 縮小化によるリスク分散 ダウンサイジングは企業のリスク分散にも繋がります。
車でも同じですが、セダンなど大きな車からコンパクトカーに乗り換えることで
取り回しの良さが実感できます。
そのため、周りの状況にもいちはやく対応でき損失も少なくなります。
また、多様化するクライアントの要望にも気付きやすくなりお客様サービスの向上も期待できます。
ちなみに、縮小化・軽量化というイメージのダウンサイジングは業界や分野に限らず、
コスト削減などによるスリム化という意味で用いられています。

● 株価上昇のメリット 投資家が上手くいくだろうと企業の成長が見込まれるダウンサイジングの場合、
計画が発表されると株価が上昇しやすくなります。