header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
Column 【コラム】

● M&Aにおけるリストラクチャリング について

● M&Aにおけるリストラクチャリング について リーマンショック以降一時期は減少したものの、世界のM&A(企業の合併・買収)取引件数は
増加しており、経営手段の一つとして活用されていています。
M&Aは合併(Meagers)と買収(Aacquisitions)の意味で企業全体の合併・買収だけではなく、
株式の譲渡、営業譲渡資本提携などを含めた広い意味での企業提携の総称として使われています。
M&Aによるリストラクチャリングとは企業の合併・買収により自社に不足している
人材・技術・情報などの経営資源を補ったり、経営権や事業資産を譲り受けたり、譲り渡すことで、
採算のとれない部門を縮小や撤退し成長事業や高収益事業へ経営資源を集中させることです。

● 日本における合併・買収 ニュースなどでよく耳にするM&Aは グローバル企業がほとんどで身近に感じられないという方も
多いと思います。
しかし、日本においてもM&Aは増加傾向にあり、 とくに資本金5,000万円以下の中小企業や
未上場企業の合併・買収は売り手・買い手ともにメリットが多いといわれ
経営の再構築だけでなく経営者の高齢化により第三者への事業承継の手段としても年々増加しているため、
商工会議所など公的な機関にも相談窓口ができるなど、非常に安全なものになっています。
ちなみに、中小企業のM&Aは大手企業に比べると友好的に行われることが特徴です。