header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
Column 【コラム】

● 中小企業が資金調達する方法

● 厳しい中小企業の資金調達 現在、景気は回復傾向にありますが、中小企業の資金繰りは大企業に比べて
厳しいのは変わりません。
一般的に中小企業は大企業に比べて借入金の占める割合が高いため
金融機関の貸出態度の影響をもろに受けてしまいます。
それに引きかえ、大企業では借入金の割合が低く、自己資本の割合が高いので
資金調達しやすいというのが大きな理由です。

● 中小企業が資金調達する方法 中小企業が利用している金融機関は以下のようなものがありますが、
融資を受ける銀行を1つに絞らず、複数の金融機関と付き合うことをお勧めします。

【銀行・信用金庫】
各都道府県に支店があるので利用しやすいのですが、審査が厳しいため、
融資が受けられないこともあります。信用金庫はより地域に根付いた営業を行っています。

【商工ローン】
審査が通りやすいのですが高金利なので、一過性の資金不足を補うなど、特別な時のみの利用をお勧めします。

【政府系金融機関】
営利目的でないため銀行では話を聞いてくれない企業でも相談に乗ってくれるケースもあります。
代表的なものとして国民生活金融公庫、中小企業金融公庫などがあります。

【ビジネスローン専門金融機関】
銀行と商工ローンの中間ほどの金利で融資してくれるビジネス専門の金融機関です。
銀行より金利は高めだが融資は受けやすいです。

東京・池袋の野ばらコンサルティングでは上場企業のCFOの経験により、企業の資金調達・運用など
財務面と経理面について、企業様の利益向上に繋がる的確なアドバイスを行います。是非、ご相談ください。