header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
Column 【コラム】

● 成長企業は海外を視野に入れた経営コンサルを

現在、日本でも企業のM&A(合併・買収)取引はここ数年増加傾向にあります。
M&Aは、自社に不足している経営資源を補うことができるだけでなく、採算のとれない部門を縮小・撤退することで
人員やコストの削減となります。
さらに、削減した経営資源を成長事業や高収益事業へ集中させ強みを強化することが出来るため中小企業には
メリットが多いといわれています。

現在、日本の企業とアジアの企業間でM&Aは増加していますが、日本の中小企業がこれから成長していくためには
海外に市場を広げることが必要といわれています。
企業を大きく成長させるなら、海外進出を目指して海外経験の豊富な経営コンサルタントがお勧めです。

大企業より資金調達が大変な中小企業では銀行・信用金庫・商工ローンなど様々な金融機関から融資を受けていますが、1つに絞らず複数の金融機関と付き合うことでリスク回避できます。

・・・つづきはこちら

顧客のニーズが多様化している現在、「選択と集中」の経営判断は大変重要です。精度の高い市場分析で市場・顧客を限定し、顧客にリーチするまでの営業効率を上げ収益の向上につながります。

・・・つづきはこちら

自社のビジネスの対象となる顧客を明確にし、市場規模やその特性を把握するターゲティング手法で自社の強みをいかせる市場・製品を決め経営資源を投下することで収益をあげることができます。

・・・つづきはこちら

ベネフィットには機能的ベネフィットと感情的ベネフィットの2つがあり、自社商品のコンセプトや品質の良さを顧客にわかりやすく発信し、顧客にベネフィットを感じてもらうことが大切です。

・・・つづきはこちら

M&Aによるリストラクチャリングは、合併・買収により事業資産を授受または譲渡することで経営資源を補い、不採算事業を縮小・撤退するなどで成長事業へ経営資源を集中させる事です。

・・・つづきはこちら

ダウンサイジングは会社組織を見直して利益の出ない部門を売却または縮小し、肥大化した部署を統廃合して、重複した役割の従業員を解雇するなどで経営を効率化するものです。

・・・つづきはこちら

日本企業が次々と海外に進出していますが、中国の人気が低迷してきました。その大きな理由はチャイナリスクにあります。それに伴い、東南アジア各国を進出先とする企業も多数あらわれています。

・・・つづきはこちら

海外進出を考えている企業は多いですが、事前に目的や必要性を考えましょう。海外に本当に進出すべきか、資金的に問題ないのか、などを吟味しましょう。そして進出国を選定するのも大変です。

・・・つづきはこちら

多くの企業が海外進出していますが理由はたくさんあります。マーケットがかなり巨大ですしビジネスチャンスに溢れています。さらには優秀な人材も集めやすいですし、グローバル化に乗れます。

・・・つづきはこちら