header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
今後主流となる営業手法インバウンドマーケティング

営業手法はアウトバウンドからインバウンドへ

企業からお客様にセールスの電話をかけたり飛び込みで営業するなど
従来の営業手法をアウトバウンドマーケティングといいます。
しかし、ネットが普及している現代では営業手法も変化しています。
自社の商品やサービスに興味のある消費者が興味を持ち、
消費者自らネットで検索し探し出してくれる
インバウンドマーケティング」が重要視されています。
ネットが普及して現代はむしろメールなどネットを使用する
アウトバウンドマーケティングが手軽で主流となりそうですが、
そうならないのにはネットの危険性が影響しています。

ネットを使っていると毎日数多くのスパムメールが来ますが
その殆どが詐欺など不要なメールなので、ほとんどの人が開封せずに削除してしまいます。
そこに営業のメールを何通送ってもスパムメールとして判断され、
まともに読んで貰える確率は非常に低くなってしまいます。 その点、消費者が興味を持って情報を見つけてくれることが
前提のインバウンドマーケティングでは、魅力的なサイトを作るなどに注力しますが
アウトバウンドマーケティングとは異なり、
こちらから消費者に対して積極的に発信しないのが特徴です。

インバウンドマーケティングの流れ

ネットを使用した営業は基本的にインバウンドマーケティングです。
検索エンジンの評価を高め上位表示となるように自社サイトのコンテンツの質を上げて充実させたり、
商品やサービスを魅力的に見せるようにブログや動画を作るリスティング広告を打つなどで消費者に見つけてもらうよう努力します。
消費者が必要であろうコンテンツを作り、見つけてくれた人に対して営業をしていく営業手法です。

インバウンドマーケティングは、上記のように潜在顧客が顧客となるまでの過程における1つ1つのステップで訪問者を惹きつけ、
訪問者から見込み客に、そして顧客にクロージングしていきます。
最終的には顧客が喜んで自社の商品やサービスを使い、推奨してくれるプロモーターになってもらうのが目的です。

インバウンドマーケティングで成功するには

インバウンドマーケティングは一見、流れが起こってくるように見えますが、マーケッターが意図して起こすという点が重要となります。
インバウンドマーケティングで効果を上げるには、適切なチャネル、適切なタイミングに
正確にアピールできるコンテンツを作成し、配信しなければなりません。