header yohaku homeservicesaboutusaccesscontact
Column 【コラム】

● 営業におけるマーケティングの重要性

● マーケティングとターゲットの関係 マーケティングとはいまや社会人なら誰もがなんとなく知っている概念です。
敢えておさらいをすると、
「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、
顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動のこと」
この概念の中の顧客は、ターゲットのことです。
企業がマーケティング戦略を策定する際に、ターゲットなくして行うことありません。
そもそも商売というものは、買ってくれる相手(ターゲット)がいるからこそ、始まります。
買ってくれる相手は、その商品やサービスから手に入れたい価値があるから、買うのです。
簡単な理屈です。
ですからターゲットを決めることが、商品やサービスそのもの、また販売方法など、
さまざまなことを決定することに繋がっていきます。
つまりマーケティングの第一歩はターゲットを明確にすることなのです。

● ターゲットは絞る方がいい? ターゲット層を絞り込むことで、求められている商品やサービスがより明確になるのは事実です。
しかし、逆にターゲット層が狭すぎて、売上が伸びない場合もあります。
つまり、ターゲットの設定そのものが、その企業のマーケティングの力の有無を示すわけです。
マーケティング戦略を策定する際は、消費者を理解した上でターゲット設定を行うことがとても大事。
ターゲットの行動や心理を研究し、その行動心理を分析して、製品やサービス開発に
つなげることが何よりも大事なのです。